長所
健康保険が適用できます。
固定性で取り外しの必要はありません。
リスクがほとんどありません。
治療期間が短い(1〜3週間程度)

短所
ブリッジを支える歯(支台歯)を削ります。
支台歯に余計な負担がかかります。
支台歯・残存歯の状態により適用不可の場合があります。
支台歯
欠損部の近隣にあって、ブリッジを支える歯です。
ダミー
欠損部に位置する作り物の部分です。
   
1〜2本の歯が連続してなくなったり、所々抜けてしまった場合に適用されます。健康保険で治療でき、前歯の場合は前装冠といわれる白い歯を入れることができます。固定性で取り外しの必要はありません。歴史的に古くからある治療法で、技術的に枯れているためリスクが少なく、多くのケースで採用されます。ケースにもよりますが治療期間は1〜3週間程度です。

一方、支台歯にかぶせるため、欠損部近隣の歯を削ってしまう必要があります。また、欠損部分にかかる力を支台歯が支えないといけないため、支台歯に余計な負担がかかります。そのため残存歯が少ない場合や位置が悪い場合には適用できません。
保険治療の場合、犬歯より後ろの部位では白い歯は入れられず金属色(銀色)の歯になります。



<=入れ歯へ  欠損歯へ  インプラントへ=>

保険治療のブリッジと保険外治療のブリッジ
保険治療と保険外治療のブリッジでは、その基本的構造は同じです。
ですが、保険外治療でのブリッジでは、その材質の違いや型取り・製作過程における精度の向上により、
より綺麗で長持ちすることが期待できます。
たとえば、
1.保険の前歯の白い部分はプラスチック製で年数により変色したり磨り減ったりしますが、保険外の歯はセラミック製で綺麗さが長持ちします。

2.保険適用の金属は溶けてイオン化し、支台歯にしみこんで歯を劣化させます。保険外の歯では化学的安定な金属(貴金属)を多く使用することにより、この問題を最小限に抑えます。

3.虫歯になりやすさはかぶせた歯がミクロ単位でぴったり合っているかどうかに左右されます。保険外治療では、型取りから、出来上がりまでのそれぞれの段階で使用される材料をワンランク精度の高い材料を使用し製作します。それによって、よりぴったり合ったかぶせを製作します。

より詳しくは院長にお聞きください。