長所
健康保険が適用できます。
ほぼ全てのケースで治療可能です。
残存歯をほとんど削りません。
治療期間が短い(1〜2週間)

短所
違和感があり慣れが必要
咬める力に限界がある
残っている歯の寿命を縮めることがある
クラスプが見えると審美性に劣る
出し入れして手入れが必要
クラスプ
欠損部分の近隣の歯に針金(クラスプ)をひっかけて、入れ歯が外れないように口の中に維持します。
人工歯
反対側の歯とかみ合うプラスチックまたはセラミック製の歯です。
義歯床
歯茎の上に乗るプラスチック製の部分で咬む力を支えます。
   
いわゆる「入れ歯」というもので、歯が複数または全部無くなってしまった場合でも、ほぼ全てのケースに適用できます。
残存歯をほとんど触らず治療が可能で、治療期間も1〜2週間程度です。
健康保険が適用できます。

一方、異物を口の中に入れるので違和感が強く、使いこなすまでには慣れが必要です。義歯床を通じて間接的に歯茎で咬むため、うまく合っている入れ歯でも歯があったときと比べて咬める力は減少します。
咬むたびにクラスプのかかっている歯がこじられるため、その歯の寿命が縮んでしまうことがあります。
クラスプを引っ掛ける歯が前歯になってしまうと審美的に不利になります。
食後や就寝前にはずして清掃や消毒をする必要があります。
<=欠損歯へ  ブリッジへ=>

入れ歯の持つ欠点のいくつかを解消または緩和できる保険外治療の入れ歯もありますので、詳しくは院長にご相談ください。