長所
本物の歯とほとんど同じ感覚でかめるようになります
固定性で取り外しの必要はありません。
周りの歯をいためません。


短所
健康保険の適用外です。
治療期間が長い(4ヶ月〜1年)
顎の骨の少ないと適用できない場合があります。
成功率は95%以上ありますが、絶対ではありません。

インプラント
顎の骨に埋める人工(チタン製)の歯根です。
上部構造
インプラントに装着する歯冠部分です。。
   
1本〜全部まで、歯がなくなってしまった場合に原則的に適用可能です。本物の歯と同じく顎の骨で支えられるため、歯があったときとほとんど同じ感覚で噛めるようになります。
奥歯がなくなってしまったり、連続して数本の歯がなくなり、従来では入れ歯にしなければならなかった場合でも適用可能で、噛む力が強く、かつ、取り外しの必要のない歯を入れることができます。
また、ブリッジのように周りの歯を削ったり負担をかけたりせず、欠損部だけで治療ができます。

一方、インプラントを埋めるだけの顎の骨が残っていない場合は、この治療法を適用することができません。
また、数%の確率で骨とインプラントが結合しないことや、上部構造装着後早期に緩んでしまうことがあります。この場合再治療が可能な場合も多いのですが、確実に成功するわけではありません。



<=入れ歯へ  ブリッジへ=>  欠損歯へ

インプラント手術は怖い?
「骨の中に人工歯根を埋める!」−考えただけでも怖ろしい。
このように思う人はたくさんいます。実際、当院に来院される方の多くは、はじめはやはり怖いようです。でも、終わってみると「思ったほどでもなかった」とおっしゃる方も少なくありませんし、別の場所の歯がなくなったときに再びインプラント治療を希望される場合が多いのも事実です。
術中は麻酔が効いていますので痛みはありません。
術後に痛みや腫れが出ることはありますが、日常生活に支障が出たり、仕事を休まなければならなくなるようなことは稀です。「案ずるより生むが易し」。このくらいの気持ちを持っていただければ良いのではないでしょうか。

インプラントに対する当院の考え方
最新医療といわれるインプラントも、現在主流の治療法が確立されて20年以上の歴史があり、その成功率もほぼ大丈夫といえるほどに向上しました。
入れ歯のように歯茎で噛んだり取り外したり、ブリッジのように周りの歯に負担をかけたりすることなく、自分の歯のように噛めるインプラントは、これからの欠損歯の治療の主流になる可能性を秘めています。
また、骨の量が足りなくてインプラント治療が不可能だったケースでも、人工骨や骨移植などの骨再生医療の開発によって、治療が可能になるケースもあります。
ただし、治療期間や費用、手術への不安など、患者さんの経済的・時間的・精神的負担というマイナス面も十分考慮されなければならないことだと当院は考えています。
いくつかある選択肢の中で、患者さんが理解し納得した治療法を選択していただけるよう、十分な話し合い(インフォームドコンセント)の機会を持ちたいと考えておりますので、まずはご相談ください。