歯を抜いてしまった後、その後どうなるか?
そこに歯を入れる方法は一般的に「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」という3つの選択肢があります。
 
入れ歯
部分入れ歯・総義歯といわれるもので歯茎の上に乗せて使います。出し入れして手入れが必要です。
間接的に歯茎で咬むため、咬める力がかなり減少してしまいます。
   =>もっと詳しく
 
 
ブリッジ
無くなった歯の両側の歯をつないで橋渡しをするように歯を入れます。固定式で出し入れする必要はありませんが、ブリッジを支える両側の歯(支台歯)に負担がかかるため、歯が残っていたときと比べて咬める力は減少します。
   =>もっと詳しく 
 
 
 
インプラント
抜いてしまった部分の顎の骨に人工の根を埋め込み、その上に歯を作ります。出来上がった歯は本物の歯と同じように顎の骨で支えられ周りの歯に負担をかけることはありません。
歯がなくなる前とほとんど同じように咬むことができます。
   =>もっと詳しく
 
 
 
入れ歯・ブリッジ・インプラント長所短所比較表
   =>こちら
本物の歯に勝る治療法はありません。
自分の歯を大切にすることがまず第一です。
それでもダメだったとき、それぞれの治療法の長所短所をご理解のうえ選択してください。
患者さん個人個人で、適用できる治療法が異なる場合がありますので、ご来院の上、直接院長にご相談ください。